トリカゴ


お金とカード


現金(キャッシュ)

お金(キャッシュ)
 お金(キャッシュ)

現金を持っていくのが一番便利です。現金の最大の特徴は、いつでもどこでも誰でも使うことが出来るという点。使いやすい通貨はUSドルです。多くの国で日本円は通用しますが、USドルは世界中ほぼどこでも通用します。アジア諸国のように T/Cやクレジットカードが使える場所が限られているところを旅行するときは現金をメインで持って行くと便利な上にレート的にもお得。現金の最大の欠点は「盗難や紛失の際には戻ってこない」ということ。当たり前ですけど。

現金をそのまま持っていった場合、銀行や両替所で現地通貨を購入する必要があります。国によって、銀行で両替したほうが得だったり、その逆だったり、お得なブラックマーケットがあったりします。国別の両替情報はガイドブックに必ず書いてあります。地球の歩き方などを参考にして下さい。尚、空港の両替所はレートが最悪ですので必要最低限な分だけにしておきましょう。

銀行にせよ、両替所にせよ、何軒かレートをチェックした後に両替すること。隣接している両替所のレートが全然違うということはよくあります。日本円が苦手な両替所では空港並みの悪いレートだったりしますから。

インチキ両替所には注意しましょう。彼らは手品師のような器用な手つきで金を抜き取ります。インチキ両替所の一般的な手口は両替所の人間がこちらに見えるようにお金を数えた後、お札を揃えるフリをしながらいくらか下に落とすというもの。抜き取られない方法は「お金を数え終わってからは、相手にお金を触らせない」こと。お金を両替するときは騙されないように集中して臨みましょう。もちろん、両替が終わった瞬間に現金をひったくられないように回りにも気をつけて。

トラベラーズチェック

トラベラーズチェック(以下T/C)とは、使用する本人のサインが無ければ使えない旅行小切手のことです。サインをする場所が2箇所あり、2つのサインが合致して初めて使用できるようになっています。盗難や紛失した際に再発行が可能というのが最大のメリット。

安全性という面から見ると文句なしですが、もちろんデメリットもあります。まず、T/Cは 1.日本円→T/C2.T/C→現地通貨という風に両替するため手数料が2重にかかるという点。(シティバンクに口座を持っている場合、日本円→T/Cの両替に手数料はかかりません。)そのほかのデメリットは、稀に現金に出来ないことがある。という点です。T/CにはVISA、アメリカン・エキスプレスやトーマスクックなど、いろいろな種類があります。で、国によっては アメリカン・エキスプレスの T/Cは両替できるけど、他はダメとか、信じられないことが起こります。困っている人に何人も会いました。

クレジットカード

以前、海外旅行に行くのにクレジットカードは必要ですか?と聞かれたときに私は「あった方がいいけど、無くても何とかなります。」と答えていました。今同じ質問をされたら「クレジットカードは必要不可欠である。」と答えます。

私は基本的に現金主義なのでクレジットカードを使うことに抵抗があります。しかし旅行をしているとカードがないと困ることがあります。例えば、ヨーロッパ内を爆安で飛んでいる航空会社 Ryanair(ロンドンからバルセロナまで 1ユーロとかで運行しています。ネタかと思うぐらい安い。詳しくはヨーロッパ格安航空会社)はクレジットカードが無いとチケットを購入することが出来ません。自転車やレンタカーを借りる場合もクレジットカードの呈示が求められます。

クレジットカードがあればいざという時には ATMからキャッシングもできます。海外旅行保険付帯クレジットカードにすれば旅行保険もついて来る。海外に行く際には、必ず一枚は持っておきたい。

カードのデメリットとは何でしょうか。それはカードの不正使用などによる「身に覚えの無い請求」です。実際、海外で使ったら変な料金も取られていたという話を良く聞きます。海外でカードを使った場合はカード会社からの請求と自分が使った分の照らし合わせを必ず行いましょう。

ワールド・キャッシュカード

ワールド・キャッシュカード(国際キャッシュカードや、インターナショナル・キャッシュカードとも呼ばれる。)は非常に便利なカード。日本で自分の口座に入金しておいた預金から海外で現地通貨を引き出せるキャッシュカードです。このカードがあれば現地で多額の現金を持ち歩く必要がなくなります。海外にあるほとんどの ATMでお金を引き出すことが出来るので、現金などのように換金し過ぎてしまうこともありません。無茶苦茶便利。もちろん、国内にATMが1つも無いというような発展途上国にいく場合は、その国に入国する前にお金を引き出しておかないと大変なことになります。

デメリットは換金レートがあまりよくないということと、銀行によっては引き出し手数料が取られるということ。この引き出し手数料が少しややこしい。手数料には、1.自分の口座がある銀行に取られる手数料2.ATM設置銀行に取られる手数料の2種類があります。

ワールド・キャッシュカードを発行している銀行はたくさんありますが、シティバンク新生バンクが手数料が無料です。(ATMによっては、上記2の手数料がかかる場合があります。)シティバンクは外資系の銀行ですので注意してください。シティーバンクは 口座の月平均残高が 50万円未満(外貨の場合は 20万円相当未満)の場合、口座維持手数料が毎月 2,100円かかります。最低でも 20万円預けておかなければ、毎月 2,100円が口座から引き落とされます。この一点さえクリアできるならば、シティバンクに口座を作ることをお勧めします。シティバンクのキャッシュカードは日本国内の ATMの手数料も全て無料。コンビニで深夜に引き出しても無料なのは、なんかすんごい得した気分になります。

スポンサー