トリカゴ


ヨーロッパ格安航空会社


関連リンク:旅のガイド - ヨーロッパ

ヨーロッパの格安航空会社

格安航空会社ライアンエア
 最大手ライアンエア

ヨーロッパでは、1997年に航空会社の規制が完全に撤廃されました。その中で、ライアンエアやイージージェットなどの航空会社が生まれ、従来では考えられないほどの低価格にて航空券を販売するようになっています。これらの航空会社の特徴は、コストの削減です。

徹底的なコスト削減の結果、ライアンエアなどを代表する格安航空会社は現在、片道 1ユーロ(約 150円)などという信じられない料金で航空券を販売しています。空港税は別に 3,000円ほど徴収されるものの、バスや電車などの他の交通機関と比べるとだいぶ料金が安い場合がほとんどです。こんなに安い航空券ですので、一度使えば話のネタにもなります。積極的に利用しましょう。

販売価格の仕組みは、日本の旅行代理店がやっているのと同じシステム。早く買えば安くなり、ギリギリに買えば高くなります。

ヨーロッパ格安航空会社の特徴として以下のようなものがあります。

ライアンエア機内
 ライアンエアの機内

チケット販売はネットのみ
旅行代理店に支払う手数料を失くす為、チケットの購入はネット経由となっています。また、チケット代金の支払いはクレジットカードのみです。
チケットレス
チケット購入手続きはネットですべて終了しますので、紙のチケットは発券されません。購入時に表示される画面をプリントアウトし、搭乗日に直接チェックインカウンターに行きます。
条件の悪い空港を使用
格安航空会社は使用料が安い空港を使います。そのような空港は郊外に位置し、都市部から大きく外れているためとても不便。ホテルから空港までのアクセスが航空券よりも高いということもよくあります。
機内サービスの有料化
飲み物や機内食はすべて有料となっています。
機内整備の簡易化
飛行機のシートがリクライニングしません。また、席は指定席ではなく、すべて自由席です。なんという斬新なシステム!先着順で好きなところに座ってください。

荷物の重量制限

格安航空会社は、預け入れ荷物と機内持ち込み荷物の重量制限を厳しく守ります。どこの航空会社も 預け入れ荷物 20Kg、機内持ち込み荷物 10Kgぐらいまで。これを超えるものについては、1Kgに付き約 1,000円の超過料金がかかります。通常の航空会社の場合、少しぐらい重量オーバーしていても大目に見てくれますが、格安航空会社は別。キッチリ徴収されます。荷物の重量には気をつけましょう。

ちょっとでも荷物が重ければ超過料金のおかげで、せっかくの格安航空券の意味が台無し。航空会社はこういうところで利益を出しているんだと思いますね。

格安航空会社

以下の 3社が現在メジャーな航空会社です。

RYANAIR
ヨーロッパ格安航空の王ライアンエア。こちらはヨーロッパ最大の格安航空会社です。金額が安いことはもちろん、路線数で見ても最大で、常に爆安キャンペーンを行っているのも特徴の一つです。キャンペーン時期と、自分の旅行予定が上手く合えば超ラッキー。最低料金は航空券無料です。(TAXは別途必要)
ライアンエアのコストダウン戦略は、まさに鬼。客に対してはもちろん、ライアンエア従業員にもコストダウンの波は押し寄せているそうです。ニュースにもなった最も有名な話は「ライアンエアのフライトアテンダントは、訓練費用や制服などの備品、全ての費用が自己負担である。」という話。そりゃエグい。キャバクラ嬢みたいですね。
関連リンク:ライアンエア・チケット購入マニュアル
easyJet
イージージェットはライアンエアと並ぶ、最大手の格安航空会社です。この航空会社からも使いやすい便が沢山出ており、ライアンエアーとイージージェット 2つの航空会社を使えばヨーロッパのほとんどの国に格安で行くことができます。料金はライアンエアよりも少し高いですが、ライアンエアよりも便利な空港を使っているような気がします。空港から市内への移動が比較的便利。チケット購入方法はライアンエアのチケット購入方法と概ね同じです。
AIR-BERLIN
私は使ったことがありませんが、AIR-BERLINを利用している人も良くいます。ライアンエアとイージージェットで検索して、航空券が見つからない場合に使ってみるといいかも。

スポンサー






デレッチョ

海外旅行 バックパッカー動画 デレッチョ

スポンサー

もっこもこパレード「トリカゴ放送」Tシャツ 発売中!

スポンサー