トリカゴ


シティカードで旅行保険を無料延長


海外旅行保険付帯クレジットカードの旅行保険は最長 90日(3ヶ月)まで。そして、お金を払って掛ける通常の旅行保険は出発時に申し込んでおかないと受け付けてくれないため、外国から保険延長ができません。そして旅行保険を長期申し込むとかなり高額になります。そのため、クレジットカード付帯保険が切れた 3ヶ月後からは保険なしという旅行者(主にバックパッカー)がとても多いです。

しかし、シティカードの裏技を使えば大丈夫。(公式サイトに堂々と書いてあるので裏技とは言えないかも。)通常の保険付帯クレジットカードとシティカードを併用すれば最長 180日(6ヶ月)まで無料で旅行保険がかけられます。現地で旅行期間が延びた場合などもこのカードを持っておけば安心です。180日を過ぎてからは、事故にあわないように、怪我をしないように祈りましょう。

シティカードの付帯保険

旅行保険自動付帯のカードには「持っているだけで自動的に保険が付帯されるカード」と「カードで事前に旅費を支払うことで付帯されるカード」の 2種類があることは海外旅行保険付帯クレジットカードにて説明しました。シティカードは後者の「カードで事前に旅費を支払うことで付帯されるカード」です。通常この種類の付帯カードは航空券や旅費などをカード決済しても出発日から 90日までしか保険がカバーされません。シティカードは国内であっても、海外あってもカードを使用した日から 90日間保険が有効になります。

出発から 90日までは海外旅行保険付帯クレジットカードで紹介したカードの付帯保険でカバーし、それが切れたときにバス、鉄道、タクシーなどの料金をシティカードで支払えば、そこからまた 90日保険が適用されます。タクシー 1メーター乗ってシティカードで支払えばオッケー。

シティカード シティアシストより抜粋:
※ 例えば海外旅行に行く場合、空港に行くまでのタクシー、リムジンバス、鉄道料金等、公共交通乗用具の料金や、宿泊を伴う募集型企画旅行の料金をシティカードでお支払いいただくだけで、旅行保険が適用になります。また海外に行ってから、公共交通乗用具の料金をシティカードで支払えば、その時から保険が適用されます。

カードの種類

シティカードの種類はいくつかありしたが、多くのカードで新規会員の募集を終了しています。今はゴールドカードしか入会できません。残念。

シティカード
年会費3,150円のシティエリートカードは、傷害死亡5,000万円, 傷害後遺障害 最高5,000万円, 傷害・疾病治療費用100万円, 携行品損害30万円, 救援者費用50万円, 国内旅行(死亡・後遺症)5,000万, バイヤーズプロテクション200万円。
年会費12,600円のシティ ゴールドカードは、傷害死亡 1億円, 傷害後遺障害 最高1億円, 傷害・疾病治療費用 150万円, 賠償責任 3,000万円, 携行品損害 30万円, 救援者費用 100万円, 国内旅行(死亡・後遺症) 最高1億万, バイヤーズプロテクション500万円となっています。

もしもの時の連絡先

事故受付デスクの電話番号です。両番号とも 24時間・年中無休です。電話番号が変わっている可能性があります。シティーカードトラベルディスクにて渡航先の最新情報を取得してください。

東京海上日動事故受付デスク(国内)
0120-828-929
東京海上日動総合サポートデスク(海外)
81-3-5299-2810(81は日本の国番号です。)

スポンサー