トリカゴ


ベトナム - 新興宗教カオダイ教


カオダイ教

カオダイ教正面門
 カオダイ教正面門

カオダイ教はゴ・ミン・チェンによって唱えられたベトナムの新興宗教です。信者数は約300万人。カオダイ教最大の特徴は宗教の混合です。ゴ・ミン・チェンは五教(キリスト、仏教、儒教、ヒンズー教、道教)の教えを土台としたことから「カオダイ(高台)」の名がつきました。総本山はホーチミン市から約 100kmのタイニン省にあり、タイニンの 7割の人間がカオダイ教の信者だそうです。孔子、老子、釈迦、キリスト、ムハンマド、ソクラテス、李白、トルストイ、ヴィクトル・ユーゴーなどを聖人や使徒として、崇拝の対象にしています。

下の写真がカオダイ教のご本尊である天眼です。この天眼という神の目玉を「宇宙の原理」「宇宙の至上神」の象徴としています。カオダイ教の象徴ということで、本堂のいたるところにこの天眼がみられます。

私はこれ見た瞬間、1ドル札を思い出しました。

天眼@カオダイ教
 ご本尊の天眼

US1ドル札の裏側
 US1ドル札の裏側

礼拝

カオダイ教礼拝 1
 お昼の礼拝 1

集団礼拝は日に 4回行われてます。時間は、0時、6時、12時、18時。階段上の両脇に回廊があり、礼拝中、観光客は自由に見学することが出来ます。

礼拝参加者は全員ベトナムの民族衣装であるアオザイを着ています。アオザイには白、赤、青、黄色があり、信者が着ているのは白。他の色付きアオザイを着ている人は僧侶です。仏教でいうところのお坊さん。色分けには意味があって、赤が儒教、青が道教、黄色が仏教の僧侶だそうです。1つの宗教の中にいろんなジャンルの坊主がいるっていうのは凄く不思議。まさに、宗教の混合。

いろんな国の音楽がミックスされたような謎の音楽の生演奏が始まると礼拝開始。頭を下げたり上げたり、イスラム教の礼拝みたいな感じ。

カオダイ教礼拝 2
 お昼の礼拝 2

カオダイ教礼拝 3
 お昼の礼拝 3

カオダイ教礼拝 4
 お昼の礼拝 4

「お昼の礼拝 4」の真ん中にいる黄色いアオザイがこの礼拝の一番先頭にいました。こいつがこの中で一番徳の高い坊主なんでしょうね。黄色ってことは、仏教か。

スポンサー








スポンサー

もっこもこパレード「トリカゴ放送」Tシャツ 発売中!

デレッチョ

海外旅行 バックパッカー動画 デレッチョ

スポンサー