トリカゴ


タイ - ソンクラーン(水掛祭り)


ソンクラーンとは

カオサン(ソンクラーン)
 カオサン 1

ソンクラーンとはタイにおける旧正月のことで、旧暦の新年です。期間は 4月13日から 4月15日となっておりタイ国内は祝日です。この三が日だけがお祭りの期間ではありません。テーサカーン・ソンクラーンと呼ばれるソンクラーンの前後 10日間に祭典が行われることもあります。

現在では新年のお祝いというよりも、国を挙げてのお祭りといった行事になっています。ソンクラーンが一年の一番暑い時期にあることから、いつしか水の掛け合いに発展していったそうです。

そしてもともと正月だったため、タイではソンクラーンの連休期間中に故郷に帰るのが習慣となっています。ですので、この時期のタイ国内の交通機関は人がいっぱい。大変混雑します。

私はタイ旅行で最も面白いのはズバリこの時期だと思います。

カオサン
 カオサン 2

狂気の水掛祭り

水鉄砲(ソンクラーン)
 水鉄砲 1

ソンクラーン期間中は、タイ全土で壮烈な水掛け合戦が繰り広げられますが、それだけではありません。白い粉を水で溶いた泥の様なものを通行している人間に対して、誰かれ構わず塗るということも行われています。期間中に外に出ると、ホース、水鉄砲、バケツなどあらゆる手段で水を掛けられ、ずぶ濡れになります。さらに、泥みたいなやつも塗られるため顔も腕も真っ白になります。外出したら、ずぶ濡れで泥だらけになることを覚悟してください。

期間中はいたる所で大小様々な水鉄砲を売っているため、ほとんどの人が水鉄砲を装備しています。ソンクラーンを完全に満喫するために一番でかい水鉄砲を購入することをお勧めします。水鉄砲はタンクに氷を入れることで攻撃力が飛躍的に向上します。氷を入れられるぐらい口の大きいタンクがついているやつを買いましょう。

水掛け合戦の激戦地はツーリストエリア。旅行者が集まるホテル街やバーなどには、この水掛祭りで遊ぶために来泰した外国人とタイ人が集まり大騒ぎになります。

水鉄砲(ソンクラーン)
 水鉄砲 2

特にカオサンはすごい。まず、カオサンではソンクラーン期間の 1、2週間前から水の掛け合いが始まります。この期間中、屋内から一歩外に出れば必ず水を掛けられます。カメラや iPod等の電子機器を持っていても容赦なし。バックパックを背負って移動しているときでさえも、水をかけられます。タイ人は、明らかに移動中の人間に対して水を掛けるといった非常識なことはしませんが、西洋人は平気でやってきます。西洋人に気をつけること。

この期間中にカオサン入りされる方やカオサン周辺を移動される方は午前中の 8時から 9時までには移動を済ませましょう。夕方にカオサンに入ると大変なことになります。

そして、水を掛けられても腹を立てないこと。水を掛け返すことで反撃しましょう。ソンクラーン期間中は水に対することはすべて無礼講となっています。言葉や習慣ではなく、法律で明確に保護されています。ソンクラーン期間中に水が原因による被害にあっても、損害賠償の請求はできません。

水鉄砲(ソンクラーン)
 水鉄砲 3

バーエリアでビールを片手に外国人と水鉄砲で打ち合いするのも最高に楽しいです。バーのお姉さん達も Tシャツにホットパンツで参戦してきます。ここで気を抜かないこと。手招きするお姉さんに誘われるままひょいひょい近づくと、後ろからバケツ一杯の氷水を掛けられたりしますよ。オープンバーで飲みながら水鉄砲を装備している通行人を氷水で狙撃してリアクションを楽しむ。マジオススメです。

最後に危険情報を。ソンクラーン期間中は一年で最も交通事故数と死亡者数が多いと言われています。お祭り気分プラス、無礼講ムードに包まれ、飲酒運転をするドライバーが爆発的に増えるからです。また、走行中の車やバイクにも無差別に水を掛けるため、視界やバランスを失ったドライバーが事故を起こすこともあります。水の掛け合いにより路面が濡れているため、タイヤが滑り易くなっています。車やバイクには気をつけましょう。

ソンクラーンの写真

ペプシのイベント(ソンクラーン)
 ペプシのイベント

バンコク(ソンクラーン)
 バンコク

バンコク(ソンクラーン)
 バンコク

水のかけ合い(ソンクラーン)
 水のかけ合い

タイの若者たち
 タイの若者たち 1

タイの若者たち
 タイの若者たち 2

ソンクラーン
 祭りは4月16日の午前0時まで続きます。

スポンサー








デレッチョ

海外旅行 バックパッカー動画 デレッチョ

スポンサー