トリカゴ


タクシー - フィリピン - デレッチョ


第2話「フィリピン交通事情」タクシー編

フィリピンのタクシー事情

みなさんこんにちは。今回はフィリピンのタクシーについてのお話です。

多くの海外旅行者が、外国に到着してまず利用する交通機関といえばやはりタクシーです。 空港からホテルまで一直線で連れていってくれる安心感のためなら、多少高額な料金を請求されようがついつい支払ってしまいます。 僕がマニラへ降り立ったその日、空港から市内まで約5~6キロの道のりでタクシー運転手が請求してきた金額は800円でした。 フィリピンの夜は怖い!そして日本と比べれば800円なんて大したことない、、そんな思いもあり、フィリピン到着早々ぼったくられるという苦い思い出が残っています。

マニラ市内での悪質なぼったくりタクシーは年々減ってきてはいるようですが、まだまだ空港に到着した外国人から金を巻き上げようと企むタクシー運転手はたくさんいるようです。 僕が聞いた話だけでも、4~5人の日本人が5倍近くの料金を支払っていました。(それでも2000円ぐらい) フィリピンのタクシー料金の相場なんてわからない!運転手と交渉する自信がない! 今回はそんな初心者バックパッカーのためにフィリピンのタクシーの基礎的な知識をお伝えします。

デレッチョ一平
 フィリピンのタクシー乗り場

フィリピンのタクシー
 フィリピンのタクシー


まず第一に、フィリピンのタクシーも日本のタクシー同様メーター制です。 初乗り40ペソ(約100円)から300m毎に3.5ペソ(約10円)が加算されていきます。 タクシーを選ぶ際は必ず言い値ではなくメーターを使ってくれるかどうか運転手に確認しましょう。 確認の仕方は、

Can you use the meter from 40?

こんな感じで充分です。意図が伝わることが重要ですので 「メーター フォーティー! オーケー?」 これでもなんの問題もありません。 中には外国人とわかると頑なにメーターを使いたがらない運転手もいますが、タクシーは星の数ほどあります。 笑顔でバイバーイと言って次のタクシーを探しましょう。三台もあたれば必ず良心的な運転手に出会えるはずです。

続いてタクシーに乗る際の注意点です。 これはバス以外の乗り物全般に言えることなのですが、運転手は基本的にギリギリのお金しか持っていません。 100ペソの料金を1000ペソ札で支払うと、お釣りがないよ!と言われ面倒なことになります。 セコい運転手ともなると、小銭がないからお釣りが払えない!と見え見えの嘘をついて1ペソでも多く稼ごうとしてきます。 所詮50円、100円の話ですが、やはり料金以上の値段を支払うのは気分のいいものではありません。 一度財布の中の小銭を確認してからタクシーを捕まえましょう。

また、交通渋滞にも気を付けてください。タクシーが渋滞に巻き込まれますと、時間と連動して料金も上がっていきます。 夕方のマニラでは、恐ろしい渋滞で一歩も動けないなんてことがよくありますので、時間を見計らってタクシーを利用したほうが良いでしょう。

日本と比べて面倒なこともありますが、慣れてしまえばタクシーは最高の移動手段だと思います。 マニラの夜は比較的危険でもありますので、レストランや女の子のいるバーにタクシーで横付けしちゃいましょう。 金額を気にせずタクシーでマニラでの生活を満喫しちゃってくださいね!

フィリピン タクシー メーター  フィリピンのタクシーメーター

フィリピンの運転免許証  フィリピンの運転免許証


空港の偽料金表

上でも説明しましたが、やはり初心者バックパッカーが最も騙されやすい場所は空港です。 初めての海外で浮き足立っているところを熟練の運転手は見逃しません。中でもフィリピンの空港エリアの運転手は一味違います。

マニラにありますターミナル1,2,3のうち、ターミナル2には比較的金持ちな旅行者が集まります。 ここで待ち構えるタクシーの中にはなんと偽の料金表を持った運転手が存在するのです。 その料金法はしっかりとラミネート加工がされており、一見すると正規の料金表に見えてしまいます。 しかしこの料金が恐ろしいほど高い。笑えるほど高いので一見の価値はありですが、見るだけにしておいたほうが良さそうです。 動画内ではぼったくりと表現していますが、バスなどの交通機関を利用した場合と比べて100倍200倍はするので高すぎる!といった意味で捉えてください。

ひと昔前はこの偽料金表を持った運転手や、足元のレバーでメーター料金の加算速度を変える酷い運転手が沢山いたそうですが、 僕が滞在していた2013年にはほとんど見かけることはありませんでした。実際に動画内で出てきます偽料金表も、30台目のタクシーでようやく見つけました。 フィリピンのタクシー事情も以前に比べかなり改善されてきてはいるようです。 しかし油断は禁物です。マニラのエルミタ周辺ではシャブを勧めてくる運転手を何度か見かけましたし、僕が睡眠強盗に遭った際も運転手は犯人グループの一味でした。

携帯番号を交換すれば電話一本で迎えに来てくれますので、同じ地域に長期滞在する場合はお気に入りの運転手を決めてしまうのもいいかもしれません。

最後に

日本と比べて面倒なこともありますが、慣れてしまえばタクシーは最高の移動手段です。 トンドやキアポなど危険な地域を覗いてみたい場合は、タクシーを貸切にして安全な車内から観光するのもひとつの方法です。 そしてなによりも料金が安いため、夜遊びの際は必ずといっていいほど利用することになると思います。 ホテルからレストランまで200円、レストランから飲み屋まで200円、飲み屋からお姉ちゃんを連れてホテルまで200円! 貧乏学生もレストランにタクシーを横付けしてお姉ちゃんにかっこいいところを見せつけちゃいましょう!

緑川一平
就活を目前に控える大学生バックパッカー。進路に迷いあり。
デレッチョhttp://derecho.jp

デレッチョ

ここにデレッチョの横長バナーを貼りましょう。横800pxで縦は何でも良いです。

デレッチョではバックパッカー向けの海外旅行動画を配信しています。

これから旅立つバックパッカーはもちろん、現役バックパッカーにも、引退バックパッカーにも、海外に興味がある全ての人に見ていただきたい映像コンテンツです。バックパックひとつで世界中を旅するバックパッカーの日常を疑似体験くださいませ。








スポンサー

デレッチョ

スポンサー

もっこもこパレード「トリカゴ放送」Tシャツ 発売中!

スポンサー