トリカゴ


フィリピン - マカティー・シネマスクエア#3


射撃場とガンショップ

射撃場の看板
 射撃場の看板

シネマスクエアの地下では拳銃が撃てます。射撃場は 2軒。どっちの店もぼったくってきますが、最終的に ハンドガン 50発で2,000ペソ(約4,000円)にはなります。前に来たときは、2,000ペソだった。と言いましょう。ショットガンを撃つこともできますが、ショットガン代を聞いてくるのを忘れました。ごめんなさい。

写真の看板の店、「ARMSCOR」では、インストラクターのオッサンが弾を込め方、握り方、コツなどをレクチャーしてくれます。オッサンの経歴を聞いてみると軍隊出身との事。ほぅ。「後でチップくれよ。」とうるさいところもありましたが、丁寧に教えてくれました。空き缶を撃たせてくれたりサービスも満点。チップは 100ペソ(200円)あげました。

はじめは的に当たりません。オッサンは「腕に力が入っていてもいいが、引き金を引く指に力を入れるな。指はソフトにな。」みたいな無茶苦茶難しいことをサラッと言ってきました。無理言うなオッサン。私の思うコツは、ちょっと下を狙って撃つこと。撃ったときの衝撃で銃が上に跳ね上がります。思いのほか上に跳ね上がります。ですので、上に跳ね上がる分だけ下を狙えばいいという理論の元に編み出しました。私が編み出しました。はじめは銃を撃つのが恐くて体がガチガチになってしまいますが、店員のオッサンの言う通りにやれば大丈夫。100発ぐらい撃ったら慣れます。

耳あて
 これがないとやかましい。

鉄砲
 鉄砲

日本語の看板
 日本語での説明書があります。

同じフロアにはガンショップがたくさんありますが、ここでは日本人には売ってくれません。 見るだけ。

ガンショップ
 両サイドすべてガンショップです。

私は夜便でフィリピンに到着しました。翌朝お金を引き出すために銀行のATMに行ったのですが、銀行の警備員はショットガンを持っていました。これがフィリピンでの最初の驚きでした。今まで行ったことのある国ではそんなことありませんでしたからね。警備員がショットガン。フィリピンの銀行はスゲーなとか思いつつ、その足でデパートに行ったら、デパートの警備員もショットガンを持っていました。そこでまたビックリした。

「トリカゴ放送第002回 フィリピン1 フィリピン基本情報」でもお伝えしましたが、フィリピンは東南アジアの中ではかなり治安が悪い。銃を使った強盗などは日常茶飯事。白昼堂々、街中で銃撃戦なんてのもたまにあります。銀行強盗は軍隊の人間が軍の倉庫から強力な火器を持ち出して、客、行員、皆殺しの勢いで攻めてきます。もしあなたが銃を持った強盗に出会ってしまったら、財布ごと全てあげましょう。抵抗しようとか、変なことしないほうがいいです。

マニラ近辺には日本企業の工場がたくさんありますが、こういうところには銃がたくさん集まっているそうです。ダンボールに何箱も。日本企業にお金を借りに来たマラカニアン宮殿(大統領が住んでいる宮殿)の警備員や、軍人が担保に銃を置いていくそうな。貧乏侍が刀を売って竹光を腰にさしているようなもんでしょうかね。

少し話がズレますが、拳銃ついでに殺し屋の話を少しだけ。フィリピンでは殺し屋が簡単に雇えます。雇えるそうです。一番安いヒットマンは日本円で 5万円ぐらいで雇えるそうです。たまに日本人が金目当てで誘拐されたり、ナゾの強盗に殺されたりしていますが、裏で日本人が糸を引いているケースがあるそうです。保険金目当てとか、怨み晴らさでおくべきか!とかそんな理由で。イヤ、私は何も知りません。そんな噂を聞いただけです。何も知りません。誰かに殺されるくらい怨まれている方は気をつけましょうね。また、日本では武闘派なあなたもフィリピンでは怨まれないように穏便に生活しましょう。ボディーガードを雇うなんてことも出来ますよ。

ビリヤード

ビリヤード場
 ビリヤード場

フィリピンで最も人気のあるスポーツはバスケットボールですが、これは世界には通用しません。っていうかアジアにも通用しません。プロリーグもあるのですが、レベルが低い。国内の大学リーグで活躍したお金持ちがそのままあがるだけのプロリーグ。試合を観ればレベルの低さがわかります。だって、フリースローが入らないんですから。何年か前に、スポーツ交流にてアメリカの高校生が渡比し、フィリピンのプロチームと試合をしました。結果はフィリピンのプロチームの全敗。プロが高校生に全敗したのです。こういう事実があるにも関わらず、一般人はフィリピンのバスケットボールはレベルが高いと思っています。なぜかわからんが、すごい自信を持っています。それだけ人気があるということだと思います。フィリピンのスポーツはバスケにだけ極端に偏っています。

フィリピンで世界に通用するスポーツとは何なのか?頭文字が Bのスポーツが得意と言われています。具体的には、ボクシング、ビリヤード、ボウリングです。(バスケットボールも Bですけど…。)中でもビリヤードのレベルは高い。マジで高い。フィリピン全土どこにでもビリヤード場があり、その辺にいるホームレスでさえも結構上手。全米ビリヤード・チャンピオンもエフレン・レイズというフィリピン人です。

キュー専用ロッカー
 キュー専用ロッカー

ビリヤード場はシネマスクエアの 3階です。ボウリング場の隣。フィリピンでは、男子も女子もビリヤードが上手。苦手な人は教えて貰ってみては?

ボウリング場

ビリヤード場がボウリング場の隣ということは、ボウリング場はビリヤード場の隣。ビリヤードのところに書きましたが、フィリピン人はボウリングも得意も比較的得意。比較的ですよ。他のスポーツと比べたら。どこの国でもそうですが、借りられるボウリング球は傷だらけです。日本みたいにキレイなボールは無い。

ボウリング場の入り口
 ボウリング場の入り口

ボウリング場
 ボウリング場

スパ

スパの看板
 スパの看板

2階にあるスパです。サウナ、バス、1時間の全身マッサージが付いて 510ペソ(1020円)。安い!遊んだ疲れをここで癒しましょう。

タイマッサージとスゥエディッシュ・マッサージとコンビネーションが選べます。どれを選んでも料金は一緒。ここのタイマッサージは本場タイのマッサージのようなプロレス技は出ません。もっともっとソフト。スゥエディッシュ・マッサージはアロマオイルを体中にデロデロに塗ってのマッサージ。コンビネーションは両方です。いつも私はコンビネーションを頼んでいました。

終わったらマッサージのおねえさんにチップをあげましょうね。50ペソ(約100円)あげたら大喜びされました。

スパの入り口
 入り口は癒し系

シネマスクエア内でマッサージを受けられるのは、ここだけではありません。同じフロアの階段付近で盲目の人たちがマッサージをしています。タモリみたいなサングラスをかけた集団がいるのですぐにわかります。これは怪しい団体ではありません。フィリピンの盲目の人の自立プログラムの一つで、盲目団体に所属し、マッサージを勉強した立派なプロフェッショナルです。こちらは40ペソ(約80円)で上半身をマッサージしてくれます。椅子に座ってのマッサージですが、なかなか気持ちよい。こちらもぜひ体験してみてください。

カラオケ

「トリカゴ放送第003回 フィリピン2 フィリピンのナイトライフ」で行ったカラオケショップはここです。日本のカラオケボックスではありません。フィリピンパブでもありません。日本でいうとキャバクラのシステムが一番近いと思います。いや、ラウンジかな。ホステスが横についてお酒を作ってくれます。チャージ料金はなく、指名料もありません。ローカルビール 一杯で 25ペソ(50円)。女の子におごると一杯 70ペソ(140円)ぐらいです。カラオケ代もチャージされません。安い!!

シネマスクエアにはこういうカラオケが 3軒あります。

カラオケのホステス
 私服のホステス。

カラオケ店内
 店の中は真っ暗で怪しげ。

スポンサー








デレッチョ

海外旅行 バックパッカー動画 デレッチョ

スポンサー