Tag-Archive for » a:西欧 «

第330回 中世ヨーロッパにおけるキリスト教の歴史その2(修道院よる農業改革とカノッサの屈辱)

先週の続きです。池袋ゆげ塾の弓削先生にヨーロッパにおけるキリスト教の歴史のお話をしていただきました。

毎月2週目の水曜日に池袋のゆげ塾で開講している社会人向け世界史授業(二水会)、5月のテーマは「共和政ローマ 戦争と民主主義」です。詳しくはこちらをどうぞ。
第九回ゆげ塾社会人向け世界史授業(二水会)「共和政ローマ 戦争と民主主義」

続きを読む » »

第329回 中世ヨーロッパにおけるキリスト教の歴史(ゲルマン民族とローマカトリック教会とコンスタンティノープル教会と童貞のはなし)

本日のゲストは皆さんお待ちかね、池袋ゆげ塾の弓削先生。中世ヨーロッパの歴史です。世界最古にして最大のキリスト教組織ローマカトリック協会とその分派であるコンスタンティノープル教会の歴史について。

トリカゴ放送第322回 キリスト教カトリック教会が中世に定めた男女の性交渉における厳格なルールとその時代背景のフォローアップ講座です。こちらもお合わせてお聞きくださいませ。

続きを読む » »

第325回 フランス5 サン=ドニのパリ郊外暴動事件とミラノから来たデザイナーのおっさんの話

先週に続き、ファッカー電撃隊のタコラさん、イロベさんと、ちまきちゃんがゲストです。イロベさんにフランスのお話をしていただきました。

フランスの外国人移民には教育格差や貧困などの不満があります。フランス人は失業率が高い原因が外国人移民の増加であると考えており、移民に対する不満があります。この摩擦が深刻な社会問題となっているそうです。

そんな中、3月19日にフランス南西部トゥールーズ(Toulouse)のユダヤ人学校前で男が銃を乱射するという事件が起きました。バイクに乗ってきた男がユダヤ人学校の敷地の中まで子供を追いかけ、銃を乱射し逃走。犯人は自宅に立てこもった末に、突入した警察の特殊部隊に殺害されました。
連続銃撃事件、フランス社会に衝撃 大統領選にも影響
仏トゥールーズ連続銃撃事件、死亡した容疑者の兄を起訴

サルコジ大統領の任期満了は2012年5月16日。移民問題は近々行われる大統領選挙の焦点になるでしょう。プテートル。

続きを読む » »

第324回 フランス4 パリ・プールオム・インフォメーション 男のためのパリ観光情報

今週のゲストはファッカー電撃隊のタコラさん、イロベさんと、ちまきちゃんです。

ユーログリーン・イロベさんはその昔フランスに住んでいらっしゃったとのこと。おフランス帰りのイロベさんに男のための観光情報を話してもらったザマス。

Backfucker In Europe

Backfucker In Europe

# ヨーロッパ風俗体験記、旅行情報、音楽、外国語、その他イロイロ イロベのブログ。遥かなる欧州の地。電撃隊きってのロマン派イロベが欧州基地よりお届けする裸の異文化コミュニケーション。ここに欧州のもうひとつの顔がある。


続きを読む » »

第322回 キリスト教カトリック教会が中世に定めた男女の性交渉における厳格なルールとその時代背景

本日のゲストは池袋ゆげ塾のゆげ先生と弁護士放送のヨシカワ先生です。

ローマ教皇を中心としキリスト教の最大教派であるカソリック協会が中世の時代に定めた贖罪規定書のお話。贖罪規定書とは、罪を犯した人がその罪を償うためにはどうすればいいのかをマニュアル化したものです。その贖罪規定書のエロに関する禁止事項のお話です。

西洋中世の男と女―聖性の呪縛の下で (ちくま学芸文庫)

中世のキリスト教会は男女関係のあるべき姿を定め、夫婦の性行為にまで厳しく介入しようとした。厳格でこっけいに見える性的禁則、二転三転する娼婦の位置づけ、聖職者自身の性の問題。そんな矛盾や悲哀をかかえた世相を克明に描くことで、当時の人々の処世の様が浮かび上がる。著者は、この中世社会における性愛の扱い方が、現在のヨーロッパ文化にも通じているとし、「西洋個人主義は、中世の人々が男と女の問題を自覚する中で生まれた」と論じる。ホーソーンの『緋文字』等の物語と、史実をつき合わせ、民衆が教会から「個人」を取り戻した過程を丁寧にひもとく。

西洋中世の男と女―聖性の呪縛の下で (ちくま学芸文庫)

続きを読む » »

第287回 ヨーロッパ風俗入門_ヨーロッパで一番風俗が盛んな国について

ヨーロッパ風俗研究家のイロベさんはパリに住んでいたことがあり、そのときにいろんな国の風俗巡りをしてされていたそうです。今週も海外風俗のお話です。お下劣放送です。

  • イロベ認定、ヨーロッパ三大風俗大国
  • オランダの売春婦
  • 各国別の風俗経済規模
  • ドイツのFKK遊び
  • スペインのクラブ遊び
  • 出稼ぎルーマニア人
  • チャウセスクの政策

続きを読む » »

第142回 ドイツ9 ドイツのタバコ事情

日比谷オクトーバーフェスト(Oktoberfest)に行って来ました。居酒屋で呑みなおして、その後収録。ドイツのタバコ事情をソムリエに話してもらいます。

続きを読む » »

第099回 ドイツ8 ハーメルンの笛吹き男

先週に引き続きナオさんと。山口さんは完全に寝ました。ハーメルンの笛吹き男について。

続きを読む » »

第098回 ドイツ7 ブレーメンの音楽隊

久しぶりにソムリエこと、ナオさんと再会。彼もワーキングホリデービザでドイツに行っていました。彼が住んでいた町、ブレーメンについてのお話です。

山口さんは酔っ払って寝てしまいました。途中、イビキが入っています。

続きを読む » »

第093回 ドイツ6 ドイツのまとめ

ドイツは旅行するのに、とてもとてもお勧めの国です。働く環境もいいみたい。

続きを読む » »