Tag-Archive for » 歴史 «

第356回 昔デリヘルで働いていたYUGE先生と風俗嬢の地位向上について考える回

ゲストは池袋YUGE塾のYUGE先生。YUGE先生はその昔、デリバリーヘルスのドライバーをやっていたそうです。その経験をもとに日本の風俗嬢の地位を向上させるための方法を考えます。

番組最後の告知について。12月1日に桜川マキシムの大忘年会&公開収録が開催されます。

  • 日時:平成24年12月1日(土曜日) 17時から19時まで
  • 場所:梅田某所の個室居酒屋
  • 料金:4000円(手拭いつき) or 3500円(手拭いなし)
  • 定員:16名(早期に定員に達した場合は増員可能かも)

詳細は桜川マキシムにお問い合わせくださいませ。

続きを読む » »

第355回 YUGE先生の夢、九州フリーセックス共和国について

本日のゲストはYUGE塾のYUGE先生です。オープニングでは、YUGE先生がトリカゴ放送にしばらく出演されていなかった理由をお話いただきました。本編では、YUGE先生が建国を目指している九州フリーセックス共和国の国家構造、社会構造、産業構造についてお話いただきました。

続きを読む » »

第338回 80年代の日本のロック史、BOOWYが起こしたバンドブーム、バンドの再結成

ストーンコールドさんに日本のロックのお話をしていただきました。J-ROCKとか J-POPとかの話です。

続きを読む » »

Category: トリカゴ放送  Tags:  One Comment

第330回 中世ヨーロッパにおけるキリスト教の歴史その2(修道院よる農業改革とカノッサの屈辱)

先週の続きです。池袋ゆげ塾の弓削先生にヨーロッパにおけるキリスト教の歴史のお話をしていただきました。

毎月2週目の水曜日に池袋のゆげ塾で開講している社会人向け世界史授業(二水会)、5月のテーマは「共和政ローマ 戦争と民主主義」です。詳しくはこちらをどうぞ。
第九回ゆげ塾社会人向け世界史授業(二水会)「共和政ローマ 戦争と民主主義」

続きを読む » »

第329回 中世ヨーロッパにおけるキリスト教の歴史(ゲルマン民族とローマカトリック教会とコンスタンティノープル教会と童貞のはなし)

本日のゲストは皆さんお待ちかね、池袋ゆげ塾の弓削先生。中世ヨーロッパの歴史です。世界最古にして最大のキリスト教組織ローマカトリック協会とその分派であるコンスタンティノープル教会の歴史について。

トリカゴ放送第322回 キリスト教カトリック教会が中世に定めた男女の性交渉における厳格なルールとその時代背景のフォローアップ講座です。こちらもお合わせてお聞きくださいませ。

続きを読む » »

第322回 キリスト教カトリック教会が中世に定めた男女の性交渉における厳格なルールとその時代背景

本日のゲストは池袋ゆげ塾のゆげ先生と弁護士放送のヨシカワ先生です。

ローマ教皇を中心としキリスト教の最大教派であるカソリック協会が中世の時代に定めた贖罪規定書のお話。贖罪規定書とは、罪を犯した人がその罪を償うためにはどうすればいいのかをマニュアル化したものです。その贖罪規定書のエロに関する禁止事項のお話です。

西洋中世の男と女―聖性の呪縛の下で (ちくま学芸文庫)

中世のキリスト教会は男女関係のあるべき姿を定め、夫婦の性行為にまで厳しく介入しようとした。厳格でこっけいに見える性的禁則、二転三転する娼婦の位置づけ、聖職者自身の性の問題。そんな矛盾や悲哀をかかえた世相を克明に描くことで、当時の人々の処世の様が浮かび上がる。著者は、この中世社会における性愛の扱い方が、現在のヨーロッパ文化にも通じているとし、「西洋個人主義は、中世の人々が男と女の問題を自覚する中で生まれた」と論じる。ホーソーンの『緋文字』等の物語と、史実をつき合わせ、民衆が教会から「個人」を取り戻した過程を丁寧にひもとく。

西洋中世の男と女―聖性の呪縛の下で (ちくま学芸文庫)

続きを読む » »

第308回 日本史に興味を持つため、楽しく学ぶための推薦図書をJUSさんが紹介します

桜川マキシムの JUSさん、gyasyaさんにお越しいただきました。歴史が大好きなJUSさんが、みなさんを日本史の世界にご招待します。

JUS先生の推薦図書「御畳奉行の日記」、「シグルイ」はこちらです。読んだ方は感想くださいませ。

時代劇役職ランキング付けで、鬼平が抜けてました。みんな酔っぱらっていて気が付きませんでした。えへへ。

続きを読む » »

第305回 アメリカ合衆国とアメリカ連合国の戦い・南北戦争のおはなし

池袋ゆげ塾のゆげさん、ファッカー電撃隊のランボルギーニ・タコラさんとお送りします。北軍・アメリカ合衆国と南軍・アメリカ連合国の戦い、南北戦争のお話です。

南北戦争は、リンカーン大統領の黒人奴隷解放戦争かと思っていましたが、アメリカ南北における社会構造、経済構造の違いが戦争になった理由だそうです。貿易に対する考え方の違いとかで戦争になるんですね。

続きを読む » »

第303回 孔子が唱えた上下秩序思想、儒学・儒教のはなし

池袋ゆげ塾のゆげさん、ファッカー電撃隊のランボルギーニ・タコラさんとお送りします。

儒学・儒教のお話です。儒学・儒教は良い教えだけではなくて、危険な思想も多くあるようです。中国人の汚職文化は、彼らの中にある儒学の精神が原因なんだろうと、今回の話を聞いて思いました。

  • 年功序列と男尊女卑
  • 儒教は学問なので宗教ではない
  • 中国で儒学・儒教ができた歴史的背景
  • 稲作文化との関係
  • 纏足(てんそく)の性的な意味
  • 中国のカニバリズム(食人文化)
  • 三国志・劉備が部下の嫁を食べる話
  • 日本史の中の儒教
  • 江戸幕府が儒教を導入しました
  • 日本の文化の儒教・儒学
  • 不思議な日本の結婚制度

収録が夜中過ぎてタコラさんは途中寝てました。
続きを読む » »

第299回 イスラム教・イスラーム教について

池袋ゆげ塾のゆげさん、ファッカー電撃隊のランボルギーニ・タコラさんとお送りします。

イスラム教・イスラーム教のお話です。

サッカーイラン女子チームのニュースはこちら。
服装の悲劇に泣いたイランのなでしこ : Newsweek日本版 より引用

6月3日、アンマン(ヨルダン)のスタジアム。女子サッカーのイラン代表チームの面々がピッチに姿を現した。12年のロンドン・オリンピック出場を目指して、8カ月にわたり過酷なトレーニングを積んできた。この日のヨルダン戦は、アジア2次予選の重要な第1試合だった。選手たちのユニホームは、長袖シャツに長ズボン、そしてヒジャブ(頭から首を覆うスカーフ)。イスラム教の伝統に従った保守的な服装だ。

国歌演奏が終わると、審判が突然宣言した──イランのユニホームはFIFA(国際サッカー連盟)の規定に違反しており、出場資格がない、と。この瞬間、オリンピックの夢が断たれた。数人の選手は茫然とピッチに膝をつき、泣き始めた。「愕然とした」と、キャプテンのニルーファー・アルダラン(25)は本誌に語った。「落胆を隠そうにも隠せなかった」

事件は大きな波紋を生んだ。接触プレーの際に首が絞まる危険があるのでヒジャブ禁止は妥当だとFIFAは言うが、人種差別的・性差別的だとの批判が上がっている。この措置によりイスラム教徒の女子選手全般の出場資格が奪われかねない。

続きを読む » »