第432回 戊辰戦争・西南戦争の賊軍の土地に、明治政府にたてついた藩に、原発や核再処理施設が立地してませんか?という話

本日のゲストは、ギノさん体調隊長さんです。

戊辰戦争

戊辰戦争(ぼしんせんそう、慶応4年/明治元年 – 明治2年(1868年 – 1869年))は、王政復古を経て明治政府を樹立した薩摩藩・長州藩らを中核とした新政府軍と、旧幕府勢力および奥羽越列藩同盟が戦った日本の内戦。名称は慶応4年/明治元年の干支が戊辰であることに由来する。

明治新政府が同戦争に勝利し、国内に他の交戦団体が消滅したことにより、これ以降、同政府が日本を統治する政府として国際的に認められることとなった。

出典:wikipedia 戊辰戦争

西南戦争

西南戦争(せいなんせんそう)、または西南の役(せいなんのえき)は、1877年(明治10年)に現在の熊本県・宮崎県・大分県・鹿児島県において西郷隆盛を盟主にして起こった士族による武力反乱である。明治初期の一連の士族反乱のうち最大規模で日本最後の内戦となった。

出典:wikipedia 西南戦争

賊軍

賊軍(ぞくぐん)とは、「官軍」の対語で、日本史上その軍の正当性を否定する言葉。天皇(朝廷)の意思にそぐわないとされた側の軍(反乱軍)のこと。朝敵とほぼ同じ意味だが、多く幕末・明治維新以後に用いられた。

明治政府成立後は、反政府軍の事を意味するようになった。

出典:wikipedia 賊軍

ノギラヒラジオ
http://nogirahi.seesaa.net/
# どこかで聞いたことのある声主による独り言に近いラジオ。日曜日は歴史、水曜日は独り言。

Category: トリカゴ放送  Tags:
このエントリーは RSS 2.0 feedによってフォローすることができます。 Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.