第243回 韓国4 著者・山野車輪さんと振り返るマンガ嫌韓流

JUNさんが久しぶりのゲスト出演。そして、大ブームを巻き起こしたマンガ嫌韓流の著者・山野車輪さんがゲスト初登場です。

マンガ嫌韓流について、日本人と韓国人について、お話いただきました。

マンガ嫌韓流シリーズはこちら。

来週は、山野車輪さんの新作、マンガ「若者奴隷」時代と革命秘密基地について。お楽しみに。

JUNさんのWEBブログ
ブログのようなもの(仮)

山野車輪さんのWEBサイト
FAR EAST-極東-

このエントリーは RSS 2.0 feedによってフォローすることができます。 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.
3 Responses
  1. ガリィ より:

    前略
    もう少し深い話を、期待しました。
    あたらず触らずの意見でした、哲学-マイケル・サンデルのこれから「正義」の話をしよう
    で、親の世代に行った戦争犯罪はその子供に責任があるのか? 
    との問いには、ちょっとびびりましたが、個人に意見は出来るだけ率直に話す時代だと
    思います。来週は、皆さんのどんな本音が出るのかが楽しみです。
    チャンスが有れば是非、読んでみたいマンガです。NZの韓国人の人も確かに韓国の制度や
    風習が嫌になっての脱出組も多いです。それが、いわゆる空気読めだったんですね。
    なんか、その話にはとても納得しました。

    • yamamo より:

      申し訳ない。詳しくて深い話は山野車輪さんのマンガに書かれておりますので、そちらをお読みください。

      戦争犯罪という言葉には違和感ありまくりです。先の大戦は犯罪だったのでしょうか?

      政治の話も歴史の話も冷静にできるようになればいいですね。

  2. 白鯨ラジオもっこもこパレード 平成22年8月号 音声そのニ

    Amazon.co.jp ウィジェット “>’)”> 白鯨ラジオもっこもこパレード 平成22年8月号 音声そのニ 41分11秒 第二弾でっせ!! 平成22年8月7日になんば白鯨で行われた『白鯨ラジオもっこもこパレード…

Leave a Reply

XHTML: コメントには以下のタグが使用できます。: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>