第201回 イラン・イラクとアメリカの関係

アメリカの中東戦略について。イラン・イラク戦争とか、湾岸戦争とかの話です。ゆげさんとお送りします。


「トリカゴ放送第201回 イラン・イラクとアメリカの関係」

再生時間: 23分05秒

来週はインターネットの広告収入について。

このエントリーは RSS 2.0 feedによってフォローすることができます。 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.
4 Responses
  1. タイ古式マッサージの使い手 より:

    何ていうオチなんですか(笑)
    ゆげさんに「大丈夫ですか」ぐらい言いましょうよ(笑)

    それでも冷静に番組を終わるやまもとさん(笑)
    すいません、お腹を抱えるほど笑いました。
    また楽しみにしてます。

    ゆげ先生、私が施術しましょうか?
    とお伝え下さいませ。

  2. yama より:

    >> タイ古式マッサージの使い手さん

    放送が終わりかけだったもので。。。録音を停止してから、ゆげさんご容態を確認させていただきました。思いっきり足攣ってらっしゃいました。

    タイ古式マッサージさんはお医者さんですか?ゆげさんにお伝えしておきます。

  3. ロイ より:

    ゆげさんの話は面白かったですが、、
    なんか、あまりも全てを簡単にしているような気がしました。
    現在、アメリカのドルの価値は世界的に下落しています、基軸通貨としての魅力が無いのでしょう、では次の担い手はユローか人民元かですが、それもまだそれほどパワーは有りません。アメリカの軍事力も落ちています。それでも、アメリカの力を信じておられるのが不思議です。
    ゆげさんの個人の意見としてなら面白いですが、それには異論がある方も多いのじゃあないでしょうか?
    イギリスが大英帝国として君臨していた時の方が、現在のアメリカなんかよりさらにパワーがあったと思うは間違いでしょうか?
    1921年にはオーストラリア、インド、カナダが植民地でしたよね、世界の4分の一を支配していた事実があります。追従してくるドイツやアメリカはまだまだ子供のような存在だったはずです。
    (右文は引用)1897年6月22日世界中の4億人の人々(世界人口の1/4)がヴィクトリア女王即位60周年の祝典を祝った。その絶頂期には大英帝国は地球の全表面の1/4を支配し、全人口の1/4を統治下に収めていた
    それでも、アメリカは過去だれも出来なかった勝ち抜き戦での勝者でしょうか?

  4. yama より:

    >> ロイさん

    私も来年にかけて USドル売りまくる予定です。ははは。

    ただ、アメリカは世界でもっとも強い経済国だと思いますよ。大航海時代にやっていたことを今やってもデメリットの方が多いかと。金(GOLD)の保有量はアメリカが圧倒的に多いようですね。

    LARGEST GOLD RESERVES, IN TONS Sept. 2009
    http://www.nytimes.com/imagepages/2009/11/08/business/08gold2_graphic.html

    よく知らない私の意見ですので、次回ゆげさんにお会いしたときに聴いておきますね。

Leave a Reply

XHTML: コメントには以下のタグが使用できます。: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>