第074回 バルト三国 エストニア、ラトビア、リトアニア総合

バルト三国の情報です。今回も森さんに話して頂きました。


「トリカゴ放送第074回 バルト三国 エストニア、ラトビア、リトアニア総合」
再生時間: 23分21秒

— 追記 —
浅草の寂れたスナックで仕入れた情報として番組序盤で興奮気味に話をしている「キャプテン・ハーロック=古代進説」について調べてみました。

宇宙戦艦ヤマトのアニメ放映と同時期にでた松本零士の漫画、ひおあきらの漫画の両方で、「キャプテン・ハーロック」と名乗る謎の人物が登場します。
# 途中で打ち切りになったためアニメには登場しません。
まず、こいつの正体は「古代進」ではなく、進の兄である「古代守」です。

また、ヤマト製作前の松本御大のメモに
> 「キャプテン・ハーロックの物語」という漫画を
> 守の遺品の中から進が発見する。
という記述があるそうなので、古代守は自身の愛読書の主役名を名乗っていただけです。

夢のある話でしたが、ガセネタでした。残念。

このエントリーは RSS 2.0 feedによってフォローすることができます。 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.
One Response
  1. バルトのリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。

Leave a Reply

XHTML: コメントには以下のタグが使用できます。: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>