Person of the Year@TIME

米国週刊誌 TIMEにて毎年恒例の
“Person of the Year”が発表されました。
「2006年の人、それはあなたです。」
と爆笑オンエアバトルの最後のセリフみたいなことが
書かれています。

Time’s Person of the Year: You

2006年は Web 2.0の年で、その主人公であるあなた(You)
今年の人なんだよ。
ユー、もらっちゃいなよ。
ということらしいです。

Person of the Year 田代まさし@TIME
※ 画像は記事とあんまり関係ありません。

Web 2.0とはWWW上のユーザー参加型サービスのことです。
詳しくはこちら

TIMEは Web 2.0として
the cosmic compendium of knowledge Wikipedia
the million-channel people’s network YouTube
the online metropolis MySpace
の 3つを挙げ、これら Web 2.0の主役である「あなた」を
Person of the Yearに決定しています。

今年は、イラク紛争とか、イスラエルとレバノンの衝突とか、
スーダンの戦争とか、北朝鮮の将軍様とか、核好きイラク大統領とか、
プレステ 3とかいろいろあったけど、
今年のキーワードは WEB 2.0で、その人物は「あなた」ですよ、と。
上記リンクの記事では、最後に

Web 2.0は壮大な社会的な実験の場。
失敗するかもしれない。ロードマップもない。
でも、2006年に僕らはアイデアをもらった。
これは新しい国際的な相互理解の場になる可能性がある。
政治家と政治家の繋がりじゃなくて、
市民と市民、人と人、僕らと僕らの繋がりで。

という感じでたまらなく良いことを書いています。

アメリカはこういう記事が
TIMEみたいな一般のニュース雑誌に出るのか。
日本とは大きな格差を感じます。

一方、日本の政府知的財産戦略本部(本部長・安倍首相)は
ダウンロードしても違法という著作権法改正を検討しています。

日本はどうなっているのでしょうね。
IT先進国を目指すとか言いながら、
国策として税金をつぎ込んだ ITプロジェクトは全部失敗。
国産 OS開発とか、住基ネットとか、IT博覧会とか。
今も国主導でサーチエンジン作ってますけど、
それってほんとに意味あるの?

ほんで、挙句の果てにこの法案ですよ。
こいつらインターネットの仕組みわかってるんでしょうか?
これはネットに繋げただけで、
誰もが犯罪者になってしまうような法律。
事実上のインターネット禁止法案。

もう、自民党いらん。
安倍が首相になってから財界に寄り過ぎでろくなことないし。
あとは消去法で共産党しかありません。。。

さて、第一次田代戦争、第二次田代戦争などを巻き起こし
日本でも有名になった TIMEの表紙ですが、今回は鏡。
通常は選出された人物が TIMEの表紙を飾るのですが、
今回は雑誌を手に取った人自身の顔が映るようになっていて、
その鏡の下は YouTubeの動画メニュー画面になっているそうです。

— 2006/12/22 追記

本日2006年12月23日の日本産業新聞にて
「Web 2.0革命 ネットとリアル融合」という特集記事が
3面ブチ抜きでありました。
日本でもビジネスにおけるキーワードとして普通に定着しているんですね。
知らんかった。

興味のあるかたは、どっかで買うなり、図書館行くなりして読んでください。
記事は当たり前のことが書かれているだけで、
特別面白いというものではありませんでした。

Category: 雑談
このエントリーは RSS 2.0 feedによってフォローすることができます。 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.
5 Responses
  1. なかたに より:

    業界にいる人間としては、何でも2.0のこういう傾向は恥ずかしい。

    あるマーケッターの人は、こんな風に例えてた。

    大阪人が東京行って、○○じゃん。っていうのが受け入れられないように、マーケッティングとかしてる人にすると、WEB2.0と自分が発すことほど恥ずかしいことはない。

    って

    ほんまにそう。でも今は○○2.0って書くとそれだけでモノが受けるのよ。

    日本のITはヘン。国もヘン

  2. yama より:

    そんなに Web 2.0っていう言葉は溢れてましたか。日本の ITが外からどう見られているのかよくわかるアンケートがありました。Microsoftのビル・ゲイツのような“テクノロジーリーダー”が、次にどの国から登場するかを米国の成人を対象に聞いた調査で、約 1200人に電話でアンケートしてまとめた結果、最も多かったのは中国の 27%、日本が22%の2位、以下、米国の21%、インドの13%、ロシアの2%と続くとのこと。もの凄い誤解をされるような。。。

  3. なかたに より:

    本屋いったら行くたびに本が増えてるよ。

    アンケート結果はコメント難しいねえ。

    中国かあ

  4. 米タイム誌が選ぶ今年の人、2006年は「あなた」 TIME Person of the Yearによると、恒例の「今年の人」に「You(Tube)」が代表…

  5. 正解は あ ・ な ・ た ! だそうです!

Leave a Reply to タイム誌のパーソン・オブ・ザ・イヤー、今年は俺? 返信をキャンセルする。

XHTML: コメントには以下のタグが使用できます。: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>