お墓参りと宗教

ついに明日出発です。
明日高知を出て、大阪で 4,5日過した後
ヨーロッパに旅立ちます。
そんなわけで、本日墓参りに行ってきました。

自分の先祖のおじいちゃん、おばあちゃんに感謝し、
お墓にいって手を合わせる。
これは日本の宗教のいいところだと思います。

だから、キリスト教のように
神様に祈るというような宗教は嫌いです。
あほくさい。

私は先祖に感謝する気持ちはあります。
でも神様に感謝するという気持ちはまったくない。

今日は墓参りついでに
宗教についてをちょっと書いてみようと思います。

宗教家ではない私ですが各宗教に対して常識の範囲での知識はあります。
その上で無宗教です。
信じるものが見つからない。
というかほとんどの宗教は嫌いです。
理由は排他的だから。彼らが信じるのは一つだけ。
あの温厚そうなイメージのキリストでさえも
「私のほかに神があってはならない」って思い切り十戒に書いてますしね。
宗教と宗教は衝突し殺しあうということを歴史的に何度も繰り返してきました。
今のイラク戦争もキリスト教とイスラム教の問題が底辺にあります。
それと、自分の上に神様とか仏様とかなんか特別なものを作るのも嫌。
絶対に嫌。

宗教の勧誘は面白いですよね。
私も今まで何度も宗教の勧誘を受けました。
で、そうやって宗教の勧誘をしてくる人間は、
自分が信じている宗教以外についての知識がほとんど無い。
少なくても何か一つの宗教を信じているのに、
無宗教家の私よりも知識がない。
「何を持って●●教はダメなのか?」
とかの話をしても無視。聞いてねー。
どの宗教勧誘者も私に勧めてくるときに、
「他の宗教は信じちゃダメ。コレが一番。コレしかない。」
って感じで自分が信じる宗教のお話しかできません。
もうね。なんていうかね。お話にならない。

でも、勧誘をしない宗教家には
他の宗教に関しての知識があったりするから不思議。

— 06/03/11 追記
面白いの見つけた。

恩師が創価の会員で熱烈的な勧誘を受けてたんだけど何か質問ある?

Category: 雑談
このエントリーは RSS 2.0 feedによってフォローすることができます。 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.
Leave a Reply

XHTML: コメントには以下のタグが使用できます。: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>