野ブタパワー

どうも。
本日 BOOK OFFに行きました。
古本屋の雄であるBOOK OFF。
近々海外旅行に行く予定があるので
そのとき飛行機で時間を潰す為の本を買う予定でした。

目当ての本は
東野圭吾 容疑者Xの献身
です。

東野圭吾は、直木賞最終候補に5度も推薦されながら
全て落選し「直木賞から嫌われている男」とも言われていましたが、
この作品で遂に直木賞を受賞しました。

BOOK OFFで難なく目的の本を見つけたのですが、値段にビックリ!
1500円でした。この本、定価 1680円なんですけど。。。

出たばかりでしかも話題作。
そういう理由でこの値段をつけているのだと思いましたが、
BOOK OFFはとにかく安いというイメージがあったので
とにかく驚きました。

こんなに高いのなら新品で買おうと思い、
家に帰ろうかと思いましたが BOOK OFFまで行って手ぶらで帰るのは少し釈。
何か無いかと思いいろいろ物色しました。

全ての棚を見て回っていると袋が空いている写真集を発見。
去年の末に日本に帰ってきて、コンビニのエロ本が閉じていたことに驚いたと
ラジオでも言いましたが、コンビニにおいても、本屋においても
すでに開いている本を見つけることがあります。
勇者です。勇者様が開けてくれているのです。

本日も名も知らぬ勇者様に感謝しながら
帯が外された写真集を手に取りました。
堀北真希さんの写真集でした。

この娘さんは可愛い。
堀北 真希 1

購入はしませんでしたが、
「誰かいい人に買ってもらえよ。」という感じの親心が芽生え、
堀北さんを人目に付くところにおいて家に帰りました。

キャバレーとかスナックとかラウンジとかクラブとかキャバクラとか
そんなところに行った際、横についた女性に
「野ブタパワー、ちゅうにゅー!」ってやって!

私はこんなことを頼んでしまうという癖があります。酔っ払うと。

野ブタ。をプロデュースというドラマを観ていた方ならば
ご存知だと思いますが、堀北さんはこのドラマで野ブタ役をやられておりました。
バーに勤めている女の子は、
土曜日の夜 9時にやっていたこのドラマをほとんど観ておられないのでしょう。
「えー。野ブタぁー。私ブタじゃないもん。ありえなーい。」
みたいなことを仰ります。

そういう人には
「お前に食わせるタンメンはねぇ!」と言えと。目を寄せて言えと。
こういう風に対処しています。

堀北 真希 2
堀北さん。

Category: 雑談
このエントリーは RSS 2.0 feedによってフォローすることができます。 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.
Leave a Reply

XHTML: コメントには以下のタグが使用できます。: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>