ジャーヘッド

本日はジャーヘッドの試写会に行ってきました。

ジャーヘッド

ジャーヘッドというのは海兵隊員のこと。
海兵隊員の刈り上げた髪型が湯沸かし器のジャーに似ているからって。
この映画は海兵隊員の湾岸戦争回顧録を映画化したものです。

私は、戦争の恐ろしさや悲惨さを
単純に感情的に訴えるだけの反戦ヒューマニズム映画は嫌いです。
戦争=暴力、暴力=悪、軍隊=悪みたいな映画ね。
軍事問題や、戦争の本質や、国の外交政策とか
何も検証せずに、感情だけに訴えかける様に作っていて卑怯だから。

さて、ジャーヘッド。
上に書いたようなプロパガンダ的な映画だと思って観に行きましたが違いました。
いや、厳密に言えばそうなんですが、
この映画は戦争映画としてではなく
エンターテイメント作品として気軽に見られる映画です。
単純に面白かったです。

ジャーヘッドは湾岸戦争におけるアメリカ兵の戦場での日常を描いた映画です。

湾岸戦争といえば初めてリアルタイムで中継された戦争。
ミサイルが目標にバコバコ当たる様がテレビで放映されていました。

この映画で面白いところは、あの時メディアで見ることが出来なかった
戦場での兵士達の高揚感を描いているところ。

TVゲームだと命のやり取りをしてるような状況でも
弾の無駄遣いをしないよう効率よく敵を殺すような冷静さを保てます。
戦場では無理だと思います。
アサルトライフルとか撃った事がある人ならわかると思いますが
あのサイズの銃は、射撃時の反動衝撃が凄くてビビってしまい、
嫌でもテンションが上がります。的を狙ってるだけなのに。

モデルガンを使ったサバイバルゲームとかもドキドキします。
風俗の待合室よりもドキドキするから。マジで。

戦場での高揚感は私には一生味わえない(味わいたくない)ですが、
あの状況だと人とか簡単に殺せるんでしょうね。

で、ちょうど昨日、西洋文化とファッキューに書いたことと被りますが
この映画、英語スラング連発です。生きた汚い英語。
最終絶叫計画 とか目じゃないよ。
若者の英語を知りたい人も観ましょう。


湾岸戦争でアメリカ軍は 610億ドルを使いました。
しかし、アメリカの自己負担は 70億ドルだけ。
日本が 90億ドル援助しています。もちろん我々の税金から。

Category: 映画とか
このエントリーは RSS 2.0 feedによってフォローすることができます。 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.
Leave a Reply

XHTML: コメントには以下のタグが使用できます。: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>