フットサル

本日はフットサルをやってまいりました。
フットサルは今日で 2回目。
初めてやったときは、周りがぜんぜん見えませんでした。
味方がどこにいて、敵がどこにいるのかの判断ができなかった。

今日の課題はルックアップ。

初めの時と比べるとかなり回りを見られるようになりました。
っていうか、サッカー経験者の人ってパスを出して欲しいところを
指差したりするんですね。そういうことに気づきました。
見えてるでしょ?ちょっとだけやけど。

前回はフットサルが好きな人達が集まってワイワイやっていた感じでした。
今回はほとんどがサッカー経験者。レベルが違っていた。
当たりが激しい。
サッカーやってる人(やってた人)っていうのは、
手を上手に使いますねぇ。体を入れるっていうんですか?
一人かなり上手なヤツがいたんですが、
こいつ、ガンガン当たってきた。ちょっとムカつきました。
こっちも鉄山靠出そうかと思ったくらい。
でも、どっちも楽しめるということがわかった。

今日も得点を決めることができたので、大満足です。

高校生の時はバドミントン部でした。
あのとき僕はスポーツを一番真剣にやっていたと思います。
試合中、体を酷使して、精神も酷使して、
その時に感じるひりつく様な緊張感。
どんなスポーツでも真剣にやっていた人ならわかると思いますが、
あれは一度味わうと病みつきになってしまいます。

ギリギリのギャンブルや、対戦格闘ゲームをやると
それに似た高揚感が得られますが、
スポーツで得られるそれとは何か違う。

あのギリギリの感じを味わいたくて社会人になり柔道をやりました。
真剣にやりました。
その時にわかったのですが、どんなスポーツでも真剣にやると
「あの感じ」を味わえられます。

フットサルをやろうと決めたのは、団体競技だから。
自分のミスでチームが負けたときはどんな感じ?
仲間のミスでチームが負けたときどう思う?
それが知りたい。
フットサルは真剣にやります。マジで。
チームを作って大会で優勝することが大事。
団体競技での優勝は、個人競技での優勝よりも嬉しいと思う。
レベルが低い大会でもいいので優勝。それが目標です。
スラムダンクの湘北のような、
「個人の長所が生かせて、短所を補えるような組織」を作りたい。

まぁ。でももっと練習しないとだめですね。
今のメンバーの中でも、一番ヘタクソやし。。。
胸トラップした後、息ができなくなってる様じゃ話にならん。

Category: 雑談
このエントリーは RSS 2.0 feedによってフォローすることができます。 You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.
Leave a Reply

XHTML: コメントには以下のタグが使用できます。: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>